Photogenic Seagulls 209 かもめのジョナサン

2017/04/21(Fri) 22:24:57


20150215-IMGP9127_940


『 短い翼だ。ハヤブサのあのつぼめた短い翼!

こいつが答えだ! おれはなんて馬鹿だったんだ! 必要なのは小さく短い翼だけなのだ。

翼の大部分をたたみ込み、残された先端だけで飛ぶ! 短い翼! それがすべてだ!

彼は暗黒の海上を一気に六百メートル駆け上った。そして翼を固く、胴体におしつけると、その翼の先だけを細い短剣の形をした後退翼そっくりに風の中に突きだし、失敗することも、

死ぬことも全く考えるいとまもなく、いきなり垂直急降下に突入した。』

かもめのジョナサン完成版  P.31 より)








20150215-IMGP9128_940

引用したのは、飛行テクニックを極めてスピードを追求する「かもめのジョナサン」の一節ですが、この写真がまさにそのシーンなのではないかと(^^

1,2枚目の写真は、羽ばたいている途中の、たまたま翼をつぼめた瞬間ではなく、この翼の形をキープしたまま急降下しているところです。

カモメというと、一般的にはゆったり羽ばたいているイメージがありますが、こういう飛び方をすることもあります。

かなり上空からこの翼形でダイブしてくるので、相当なスピードが出ていて、胴体周りの羽毛も毛羽立っています。 追い風に乗っている時など、

ひょっとしたら80km/hくらい出ているのでは?と思えるくらい。

数羽の編隊でこの形でやって来るときなど、「空から羽毛の塊が降ってきたぁ~」って感じになるのです。


20151205-IMGP6685_940
垂直ダイブするユリカモメ


カモメ観察でいろいろなところに行きましたが、このような飛び方を見たのは、まだ皇居のお濠だけです。
おそらく高いビル群を越えてきて、お濠に降りてくるためにこういう飛行をするのではないかと思っています。



20150221-IMGP9305_940
これも垂直ダイブしてくるところ。

これを撮った時カメラのレンズはほぼ垂直、つまり真上を向いて撮影しています。

航空祭で、AGG(模擬空対地爆撃)を見ているときのような気分ですw




20150211-IMGP8589_940

こんな高速で降りてきても、急旋回することなどで速度を落として最終的には仲間のすぐそばにふわっとエレガントに着水出来るのです。

多様な飛行テクニックを持っているカモメは、飛行機好きでもある私にとっては、本当に見ていて飽きない鳥なのです^^

関連記事

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


TAG : Photogenic_Seagulls |  カモメ |  セグロカモメ |  ユリカモメ |   | 

CATEGORY : Photogenic Seagulls / TB : 0 / COMMENT : 0 /


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://jseagull08.blog79.fc2.com/tb.php/998-97be4380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 

お気に入りリンク

当blogはリンクフリーです。 リンクされたらコメント欄などでお知らせいただけるとここの管理人は喜ぶと思います(笑)

月別アーカイブ

My Web Sites

COUNTER

RSSリンクの表示

Amazon Link

MISC

あわせて読みたいブログパーツ
テクノラティプロフィール

 RSSリーダーで購読する





フィードメーター - J.seagull photo & movie blog
  • seo
にほんブログ村 写真ブログへ