海のない県、埼玉のユリカモメ

2017/01/16(Mon) 22:08:30


20161231-_IMG1958_940

埼玉県川越市にある伊佐沼にユリカモメが集まっているというニュースを見て、年末実家に帰った際に、立ち寄ってみました。

海のない埼玉県で、富士山をバックにユリカモメ、というのも、なんだかちょっと不思議です(・Θ・)








20161231-_IMG1860_940
周りが公園と田んぼと人家なので、たいていエサをあげる人がいます。 沼のあちこちに散らばっていたユリカモメが集まってきた様子。

前回の男前なユリカモメは、この中で見つけました^^

3~4年前にも伊佐沼にユリカモメの記事を見たことがあって、行ってみたのですが、その時は見つけられませんでした。
今回は、約200羽くらいがいました。





20161231-_IMG1952_940

内陸で飛んでいる鳥を撮るとバックに送電線が入ることが非常に多くなります(^^;



20161231-_IMG1952-2_940
こんな風にトリミングすると、五線譜のような雰囲気が出ないこともないw



20161231-_IMG2005_940

新聞記事には、東京湾からやってくる、と書いてあったのですが、距離があるので帰るタイミングが都内よりも早いのかな?と予想していたのですが、そんなこともなく。
やはり日没1時間くらい前から、10羽~30羽程度の群れで、三々五々お帰りになる感じ。

完全に日が沈んだ後から飛び立つものもそれなりにいました。
この場所から、たとえば東京ゲートブリッジあたりまで、直線距離で約45km。 おそらくもっと沖まで行くでしょうから50km以上は飛んで行くことになります。

風がない状態で、ユリカモメが飛ぶ速度は目測ですが40kmくらいだと思いますので、飛行時間は1時間以上でしょうか。

日没、黄昏、マジックアワー、と空の色が変わっていく中、パイロット達が世界一と認めるという噂の東京の夜景をみながらこの子達は飛んで行くんですね。
なんだかとってもうらやましい!(・∀・)




20161231-_IMG2021_940

そして、完全に日が沈んだ後もまったりしたまま、いっこうに飛び立つ気配がないユリカモメも。 一部が飛び立ったので、「あぁ、やっぱりこれから東京湾に向かうのか」
と思ったのですが、すぐに降りてきてしまいました。
どうやら、この場所で夜を過ごすものもいるようでした。



埼玉でユリカモメが見られるとはなぁ、なんて思っていたら、下記の記事を発見。

ユリカモメ 羽休め…春日部(読売ONLINE 2017/01/13)


埼玉県春日部市と言えば、クレヨンしんちゃんの舞台ですが、ユリカモメが春日部市の鳥に指定されていることは知りませんでした。
市の鳥になっているってことは、けっこう前から春日部にやってくるユリカモメがたくさんいたって事なのでしょうね。

追記:
春日部市の公式サイトで調べたら、平成19年に市の鳥に指定された模様です。(こちら


ついでにこんな記事も見つけました。

ハクチョウの沼 ユリカモメも同居 大田原・羽田沼(下野新聞 2017/01/13)



map-yuri

赤丸が川越
緑丸が春日部
青丸が大田原

関連記事

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


TAG : ユリカモメ |  カモメ |  動物 |  D_FA_150-450mmF4.5-5.6ED |  K-3Ⅱ | 

CATEGORY : 動物写真 / TB : 0 / COMMENT : 0 /


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://jseagull08.blog79.fc2.com/tb.php/979-1b3d60dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 

お気に入りリンク

当blogはリンクフリーです。 リンクされたらコメント欄などでお知らせいただけるとここの管理人は喜ぶと思います(笑)

月別アーカイブ

My Web Sites

COUNTER

RSSリンクの表示

Amazon Link

MISC

あわせて読みたいブログパーツ
テクノラティプロフィール

 RSSリーダーで購読する





フィードメーター - J.seagull photo & movie blog
  • seo
にほんブログ村 写真ブログへ